Follow Us
1
17

左義長

左義長とは1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる。また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくと、その年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると、字が上達すると言われている。 所説ありますが、元々左義長は子供の行事だったとのこと。

先日私の町内で毎年恒例の左義長が行われました。最近のライフサイクルの変化により、私の町内では1月の中旬の日曜日に行っております。コロナ禍でなかなか町内の人とも気軽に会えないない状況で貴重な行事です。厄を払い、今年一年が良い年になるように手を合わせました。あ、それともうこれ以上多くの雪は降らないようにも。。。

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

年別アーカイブ

最近の写真