Follow Us

FOOD COMMUNICATION

春夏秋冬、鮮度にこだわり、『食の喜びと幸せ』をお届けします。

Scroll

旬の歳時記カレンダー

1

左義長

左義長とは1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる。また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくと、その年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると、字が上達すると言われている。 所説ありますが、元々左義長は子供の行事だったとのこと。

先日私の町内で毎年恒例の左義長が行われました。最近のライフサイクルの変化により、私の町内では1月の中旬の日曜日に行っております。コロナ禍でなかなか町内の人とも気軽に会えないない状況で貴重な行事です。厄を払い、今年一年が良い年になるように手を合わせました。あ、それともうこれ以上多くの雪は降らないようにも。。。

アコスは食の安全・安心をお届けしています。

アコスは食の安全・安心を
お届けしています。

アコスは福井県産素材の地産地消に取り組んでいます。また食物アレルギーに配慮した食材やデザート、嚥下えんげのし易い介護食材などの販売もしております。

未来、食生活の楽しさと味との融合をコミュニケート。

未来、食生活の楽しさと
味との融合をコミュニケート。

アコスでは「営業部門/サービスセンター部門/商品管理部門/不動産部門」の4つの部門と、リパックなどの加工専門に行うグループ会社で形成し、様々な形での顧客満足の向上を目指して努力しています。

食文化の継承・向上に夢を託し、すべてはお客様のために。

食文化の継承・向上に夢を託し、
すべてはお客様のために。

安全でおいしい商品を「いちばんおいしい状態でお届けしたい」。その情熱とこだわりは昔から今へと脈々と受け継がれています。